情報商材詐欺 井口晃

投稿日:2024年1月28日
カテゴリ:情報商材詐欺
画像
投稿の内容

井口晃にご注意ください。井口晃は裁判で賠償金を命じられ、警察沙汰も起こしている経歴の持ち主です。情報商材アフィリエイトのような様々な案件を手掛けていますが経歴は怪しいです。

2016年の紹介動画内でビバリーヒルズに自宅があると言いながら、板橋区にある豪華なレンタルスタジオを借りるなど、嘘と思われても仕方がないようなことをしています。

またウェブサイトではセミナー無料ということになっているのに、特商法の表記では支払い方法に言及されているなど、費用の支払いの仕組みが不明です。井口晃が仕掛けるスーパーブレインについて調査したサイトでは、具体的にどういった仕組みの内容なのか記載がなく、信用するための情報がないため結果的に信ぴょう性はまで無いと判断せざるを得ないと結論づけています。

また脳を変えることで稼げるようになるかのような内容でありますが、そのような利益がほぼ確定しているかのようなことを書かれてはいる割に、実際に稼げたという口コミは一切見当らず、具体的なビジネスモデルについても一切説明されていません。

井口晃の実践する『ヘルスコンサルタントアカデミー』は、アメリカ最先端ヘルスと東洋医学を組み合わせたセミナーに参加し、それを広めていくコンサルタントになることで収入が得られるという内容で、セミナー自体は3,000円ですが、その後のスクールが超高額で参加費用60万円以上になります。また500名以上と言われる卒業生のその後も知らされていません。

また氏のセミナーに参加する際の契約書には井口晃を誹謗、中傷し、または評価を低下させる言動、SNSあるいはインターネット上への書き込み等を行った場合、500万円の罰金を課す内容が記載されており、参加者が表現の自由を制限されています。井口晃は医師免許を所持していないにも関わらず、氏の提唱するバイオハックでガン予防、無敵の免疫力、コロナ無効化を主張していることには疑問が生じます。

また井口晃の付き合っていた女性の話では、今まで多くの訴訟で訴えられてきたので、住所を日本からシンガポールに移していると言っていました。井口晃は最近も訴訟で敗訴しましたが、慣れているようで、日本に住所がないのを利用し賠償金を支払っていないようなのです。2023年5月、井口晃は裁判で敗訴した賠償金の未払い問題で東京都港区赤坂の事務所で被害者と警察が来るほどのトラブルになっていました。警察には「裁判は無効だ!」と、公式な判決が東京地方裁判所で出ているのにも関わらず、わけのわからないことを叫んでいたそうです。(添付資料参照)

また、2023年3月には井口晃が自身で作成したWikipediaのサイトがウィキペディアの方針である独立記事作成の目安を満たしておらず、広告宣伝活動的であるということで、管理者によって削除されています。井口晃のプログラムの会員には年配者や40代から50代の女性が多く、井口晃の商法には注意が必要であるとネットには多く掲載されていることからも警戒が必要です。以前にも2ちゃんに被害者の会が存在していたようですが、現在は本人のリクエストによって削除されているようです。このサイトには15,400もの投稿がありました。

井口晃のやり口というのは、アメリカなど海外のビジネスで有名な人とパイプを作ってひたすらそれでブランディングするという感じのやり口で、「俺はこんな凄いやつと友達だ」ということを全面に出して売っていくという手法を取っており、名前を出された有名人はそのことをほぼ知りません。

井口晃のコーチング仲間によると井口の著書にもよく登場するアンソニーロビンスは井口晃を認めておらず、井口晃がアンソニーロビンスの名前を使用してビジネスをしていることも知らされていません。そのほかの井口のサイトに出てくる有名人も実際に自分達の名前を出す許可を取っておらず勝手に掲載しているようです。

以前井口晃と関係した女性から聞いたのですが、井口晃と一緒に写真に写っている人物達は、以前からの知り合いのように紹介されていますが、実際はその日に知り合い、一緒に写真を撮ってもらっただけであると言っていました。金持ちと見られる人物を見つけるとあたかも友人のように振る舞っていたそうです。

井口晃はここ10年で会社の名称を次々と変え、代表者を別の人間にし、過去に訴えられてきたことから、住所を日本からシンガポールに移しています。この理由から通常の日本人が井口晃を返金問題などで訴えても、井口晃の海外の住所を探して訴えなければならず、返金が事実上不可能な状態です。

井口晃は怪しいという噂が絶えない連中達と組んで業務を拡大しています。また、業務内容がほとんど変わらないにもかかわらず、会社名を頻繁に変え、そのたびに代表者名も変えています。ドバイによく渡航することからそこにサポートする仲間がいるようです。

井口晃にはくれぐれもご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連投稿

カテゴリ